Top >  プチ整形とは >  二重まぶたの整形とは?

スポンサードリンク

二重まぶたの整形とは?

プチ整形では二重まぶたのラインがいつのまにか元に戻ってしまう方や、しっかりと永久に効果を得たい場合には整形の二重手術が適しています。

小切開法はまぶたの脂肪が多く厚い方に適しています。アイプチなどの二重化粧品を使っても全然癖がつかないほどまぶたが厚い人にも、まぶたの余分な脂肪をごく数ミリ切開して取り除く小切開法があります。

切開法は余分な皮膚や脂肪を取り除きますので、目尻が下がってきた人、三角目になってしまった人、なんとなく視界が狭くなってきた人に適しています。

目頭切開法というのは、東洋人に多い目頭の蒙古ヒダという皮を切り取る整形術のことです。目頭の蒙古ヒダが強く張っていると、目が小さく見えたり、目と目の間が離れて見えたり、全体的に幼い印象になります。目頭切開で蒙古ひだを取り除くことで、目の理想的な形と言われているすっきりとしたアーモンド型の目にすることができます。目頭のピンク色の部分が隠れて見えない目は蒙古ひだが強いといわれています。



スポンサードリンク

 <  前の記事 二重まぶたのプチ整形  |  トップページ  |  次の記事 鼻のプチ整形  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asagi.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/954

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
このページについて

このページは「プチ整形に挑戦!二重まぶた、豊胸だってプチ整形にお任せ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

更新履歴

お薦めサイト