Top >  美容整形、プチ整形の悩み >  プチ整形のトラブルについて

スポンサードリンク

プチ整形のトラブルについて

昔にくらべて手軽に受けられるようになったプチ整形でうすが、トラブルは全くゼロではありません。

以前から行われている典型的な二重瞼のプチ整形手術の埋没法のトラブルには、訴訟問題にまで発展したケースもあります。まぶたの結膜にまで糸を通す従来の埋没法の手術を受けた患者の女性の眼球の角膜に傷がついたことが原因で、視力低下や眼球白濁の後遺症が残ったケースもあります。

従来の埋没法による二重まぶた手術も、最新の手法の埋没法は結膜に糸を通さない方法で、危険性も減りました。

その他のプチ整形のトラブルには、術後の腫れ、目の違和感、すぐに二重が取れてしまった、二重のラインの仕上がりが綺麗ではない、まぶたをおさえると目がゴロゴロする、まぶたが引きつって目の形が変わった、二重のラインが途中でとぎれている、しばらくコンタクトレンズがはめられなかった、まぶたにしこりが残ってしまった、元に戻せなかった、などのトラブルが見られます。手術を受ける前によく確認しておきましょう。



スポンサードリンク

 <  前の記事 あごのプチ整形とは?  |  トップページ  |  次の記事 プチ整形でできること  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asagi.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/950

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
このページについて

このページは「プチ整形に挑戦!二重まぶた、豊胸だってプチ整形にお任せ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

更新履歴

お薦めサイト